教育としつけの関係について

教育は将来に役立つ知識を教えることが大切です。しつけは良くない習慣を治すための指摘とも言えます。例えば履物を揃えない癖がある場合はそれを指摘しなければならないのです。教育者はこのような部分に気を配って生活をしています。そして、自分自身もしっかりとしている必要はあります。教育は勉強も関係しています。計算がしっかりできないと将来困ってしまいます。物事を覚えて活用する能力がなくても困るのでそれらをしっかりと教えることが大切です。実際に学校の教師は勉強を教えるのは上手です。話を聞いているだけでもかなり高いレベルに行くことが出来ます。できれば生徒も自分から勉強をするようにすると更に能力は伸びていきます。しつけに関しては親もしっかりと行う必要があります。相手を傷つけるような行動に対してはしつけをする必要があります。食事のマナーなども教えなければならないので時間がかかります。しかし、それをしっかりと行うことで子供は良く育ちます。